太めの糸

postheadericon 初心者のパッチワーク

手芸は女性を中心に人気で、パッチワークは最近ぐんぐんと人気になってきています。
様々な柄や色の布を縫い付けるのですが、その際のパッチワーク糸、キルト糸はどのように選んだからいいかお困りの方もいらっしゃいます。
おもにパッチワーク糸やキルト糸白や生成りのものを使うことが一般的とされています。
それは、キルティングの針目も、模様としてみるため目だってしまってもよいということからです。
あまり針目を目立たせたくないなとお考えの場合は、パッチワーク糸、キルト糸を銀色にしてみると目立ちにくくなります。
丈夫な出来を希望の場合は90番の糸でするとほつれにくいです。

また、手縫いだけではなく、ミシンもお使いの場合はミシンでも使えるパッチワーク糸、キルト糸をおすすめします。
刺繍は世界各国でも身近な手芸として親しまれています。
日本でも人気なのはヨーロッパ刺繍といわれています。
ヨーロッパ刺繍は、様々な色の糸を組み合わせてつくるため、とても華やかな印象が特徴です。

また、糸だけではなく、ビーズを用いた刺繍も一般的です。
他にも、スウェーデン刺繍というものがあり、布目にそって刺す方法です。
クロスステッチと呼ばれる刺繍はイタリアから始まった歴史のある方法です。
こちらも布目を数えながら表面にステッチを施していくものです。
レジェール刺繍というものは、フランス語で薄い布という意味で、透けて見える薄い布に施していくステッチは、とても繊細で若い女性に人気です。

黒と茶色

postheadericon パッチワーク専用の糸

パッチワークとはあらかじめ決まったパターンやデザインに沿ってハギレを切り、縫い合わせひとつの作品を作っていく手芸作品です。
パッチワークに使われる糸はキルト糸やパッチワーク糸といわれ、キルティングをするときに使用されます。

パッチワークにはアメリカンテキスタイルというものやハワイアンキルトなど、さまざまな種類がありどれもが歴史が古く今なおその技術は世界中で受け継がれています。
作品によってはキルティングステッチがまるで刺繍されているような図案のものもあります。
パッチワーク糸はどこの手芸店に行っても、パッチワークコーナーに専用のキルト糸かたくさん置いてあります。
キルト糸は色の種類がたいへん多いので、作品に使用しているハギレをお店に持って行って色合わせをすると理想通りのキルト糸が選べます。

パッチワーク糸は普通の縫い糸や刺繍糸とは違います。
まず表面がつるつるしていて多少力を入れて引っ張っても切れません。
ハリがありピンとしているため針にも糸が通りやすいです。
またステッチする際に布との滑りもよく、糸が絡むこともあまりありません。

刺繍糸の場合は通常6本どりで縫っていきます。
刺繍糸は非常に柔らかく切れやすいため、一本どりで縫うには向いていません。
パッチワークの作品の中にはデザイン上刺繍を施すこともあります。
その場合はパッチワーク糸ではなく刺繍糸を使用して図案を3本どりから6本どりでステッチしていきます。

明るい色

postheadericon 糸を使い分けよう

パッチワークを始めるにあたって、まず揃えなければならない道具の一つに、縫いあわせの際に必要なパッチワーク糸があります。
また、縫い合わせが終わった後に、出来上がった本体とキルト芯、裏布をしつけで固定し、キルト糸を使ってキルティングをします。
その際にはキルト専用のキルト糸を使います。

キルトが終わって仕立てをする際に、ボーダー部分に刺繍などをアレンジして加えると、より温かみのあるキルト作品が出来上がります。
パッチワーク糸と言っても種類や色はたくさんあり、パッチワークの専門店で縫いやすさなどの説明を聞き選ぶのがおすすめです。
パッチワーク糸とキルト糸を区別して販売しているメーカーの場合、その用途別に使うのがベストです。

また、パッチワークとキルト両方で使えるタイプの糸を販売するメーカーもありますので、初めての方は専門のお店で詳しく教えてもらうのが良いでしょう。
パッチワークキルトにはエンブロイダリーキルトといわれる図案をもとに刺繍を入れ、そのピースをつなぎ、ボーダー部分にパッチワークを取り入れ仕上げられる作品もあります。
その際の刺繍は主に、アウトラインステッチでパターンを作り、赤い刺繍糸を使って作られるのがよく知られています。
パッチワークをする際に、必要なパッチワーク糸としてベージュ系や黒、茶、赤などの色の糸を揃えておくと便利です。
キルト糸は、そのキルトを入れる地の部分に合わせた糸を使うと、たとえ縫い目が揃わなくても気になりません。
また、インパクトを出したい場合はあえて地の色と違った色の糸を使ってみるのも個性があります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031